博士3年

山﨑 大輝

日本学術振興会 特別研究員DC2

京都大学 理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 附属天文台

D論執筆中

研究情報

天文学 太陽物理学 観測装置開発 太陽フレア プロミネンス噴出 偏光分光観測 磁場診断 磁気流体計算

テーマ

太陽フレアの発生機構の解明

詳細

太陽表面における爆発現象である太陽フレアやそれに伴うコロナ質量放出は、地球磁気圏に大きな影響を与えます。太陽フレアは太陽外層大気コロナにおける磁気エネルギーの解放現象であり、その発生機構を光球や彩層の磁場観測および磁気流体数値モデリングの手法を駆使して研究しています。観測は主に、京都大学飛騨天文台の太陽磁場活動望遠鏡(SMART)やドームレス望遠鏡(DST)に搭載された偏光観測装置を用いて行っています。これらの観測装置には、開発段階から関わってきています。博士論文の主たるテーマは、これらの装置による世界最先端のデータと先進的な数値モデリングの手法を組み合わせることで、太陽フレア発生に伴って噴出する、コロナ中の捻れた磁力線構造に支えられたプラズマ(プロミネンス)の不安定化過程を、世界で初めて観測的に明らかにすることです。

経歴

2022年2月
|
2021年11月

New Jersey Institute of Technology

JSPS KCP

現在
|
2021年4月

日本学術振興会

特別研究員DC2

現在
|
2020年4月

京都大学

理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻

2020年3月
|
2018年4月

京都大学

理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻

2016年2月
|
2015年9月

Göttingen University

Faculty of Physics , Exchange Student

2018年3月
|
2014年4月

京都大学

理学部 理学科

宇宙物理学系

論文

学会発表